考える力=意欲×知識×方法1

考える子供に育てる公式

考える子供に育てるためには何をすればよいのでしょうか。

私は次のような式が成り立つと考えています。

考える力=意欲×知識×方法

 

意欲がないと考えない

「考える子供に育てる」と銘打った書籍や記事の多くが意欲について触れていませんが、これが一番大切だと思います。

もっと良くしたい、もっと面白くしたい、答えにたどり着きたい、強くなりたい、真実を知りたい等の気持ちが考える動機になります。人が考えるときというのは、あるゴールがあって、そこになんとかしてたどり着きたいと心に念じるときです。

つまり、なんとかしたいと切実に思えば思うほど、考えるようになります。逆に心のどこかでもうこのままでいいやと思っていれば、ゴールにたどり着かなくてよいので考える必要はありません。

子供に環境問題の作文を書かせても「環境問題をなんとかしなければならない」と心の底から思っていない限り深く考えることはありません。深く考えないので深い文章は生まれません。どこかで聞いたことのあるフレーズを周りの大人が好むように構成することは可能ではありますが、これは「知識」と「方法」でカバーしているだけで本質的な思考力とは言えません。

とはいえ、どこかで環境問題に胸を痛めている子供と全く無関心な子供では、書かれる文章は違ってきます。胸を痛めてられるかどうかは、リアリティの問題になってきます。身近な誰か、たとえば家族や友人が、環境問題で苦しんでいたらなんとかしたいと思うでしょうし、そのようなたぐいの本を読んだことがあれば少しは切実に感じることができます。

意欲は、何か困ったことが起きたり、何か実現したいことがあったりしたときに、なんとかして問題を解決しようとするときに生まれるものです。

以前「ドラゴン桜」という東大受験のマンガがあって、たしかその作者の作品だったと思いますが、次のような台詞がありました。

「東大に入る人間には二種類いる。ひとつは、生まれがさほど恵まれておらず底辺から這い上がろうとする人間。もうひとつが育ちがよく恵まれていて志を持った人間」

細かい部分は忘れましたがたしかそんな意味のことだったと思います。これらはまさに意欲を問題にしています。−から+に這い上がろうとする意欲。そして+からさらなる+に飛躍しようとする意欲=志。

うちの子は考えない。というのは考える必要がないからです。考えなくても困らないからです。ご飯は出てくるし、テレビも見れるし、ゲームもできる。

人間関係に苦しむ子は、人間関係について考えます。スポーツで勝ちたい子は勝つためにどうすればよいかを考えることを学びます。困ったことや実現したいことがあると、そのとき人は考え始めるのです。

では何も困っていない状況下で、どのように考えさせればよいのでしょうか。親としては困った状況に陥らせないままに、考える力を獲得し、人生を幸せに生きてほしいと思うのが普通です。

 

ゲームと勝つための作戦会議

スポーツなどのゲームは頭を使います。

勝ち負けもはっきりしているし、負けるととても悔しい。ただ放っておくと考えません。親が助け舟を出してあげる必要があるでしょう。

どうすれば勝てるようになるのか、課題を決めてひとつひとつ頭を使いクリアしていく。計画を立て、実践し、気付き、修正し、また実践する。そのなかで成果が出る。こういう風に体を動かしたらこうなった。ならばこうしたらどうだろうという試行錯誤を重ねる。他の選手の動きを見て、動画や本で研究する。スポーツで本当に強くなろうとするとこんな風に考えるようになります。というより考えることを学びます。考えないと強くなる確率は低くなります。一人で作戦会議をして考えを深めているのです。

これは遊びでもそうです。勝つために考えることが必要になれば良いのです。ただなんとなく繰り返し続ければよいというものではありません。作戦会議が極めて重要なのです。勝つために作戦会議をしましょう。

頭の良い子、自然と頭が良くなっていく子は、勉強をゲームのように考えているところがあります。問題=敵が出てきてその敵をどうやって倒すか。負けてしまったときはとても悔しい。なんとかして勝ちたい。こうすればいいのかな、ああすればよかったな、などなどいろいろ考えます。日常的に一人で作戦会議をしているようなものです。

受験勉強でも一緒ですよ。

 

「なんで?」について徹底的に考える

考える子に育てるためには意欲を引き出すこと。子供が「なんで?」と聞いてきたら、考える意欲を膨らませるとても大きなチャンスです。親と一緒にそのなぜが解決するように、徹底的に考えてみましょう。いきなり答えを教えてしまってはいけません。低学年であれば親もわからないふりをして一緒に考えます。

なんで雷がなるのか。について10通りくらい考えてみてもよいでしょう。これは作戦会議とはちょっと違いますが、話合うことについては変わりません。ある疑問が生じたときにあり得べき可能性について全て考え尽くすというのは考える力を飛躍的に高めます。

「なんで?」という質問は考えさせる大きなチャンスなのです。

あ、でもこれはどちらかというと「方法」の話かもしれません。

長くなりましたので、知識と方法は次にします。

 

 

 

表象、象徴、概念、観念、想像の違い

現代文キーワード

現代文の読解の随所で出てくる難しい言葉を分かりやすい言葉に言い換えることによって、やたら難しい文章も実はそれほど難しいことを言っていないことがわかります。難しい言葉は無限にあるように思えてしまいますが、実はそれほど多くはないのです。

現代文キーワードを正確に把握することによって、得点力をのばすことが可能です。だいたい難しい言葉に傍線が引かれますからね。地道に覚えていきましょう。

 

表象

表象というのは頭に浮かぶイメージのことです。「りんご」という言葉を聞くと頭の中に赤くて丸いあのりんごを思い浮かべますよね。でも人によって違うか。

今対象を見ていないけど、心の中に思い浮かべているものですね。

 

象徴

象徴を辞書を引くと表象とあります。そして表象を辞書で引くと象徴とあります。どうしろというんでしょうか。

象徴は、抽象的なものを具体的なもので表したものを言います。目でとらえにくいものを、目でとらえやすいもので表したと言っても良いでしょう。

ハトは平和の象徴。天皇は日本国の象徴。富士山は美の象徴。赤は情熱を象徴する。

こんなふうに使われます。

この象徴を見て、心に思い浮かべられたイメージが表象ですね。

ハトという平和の象徴を見て、平和が表象される。という具合に使います。

 

概念

概念は、いくつかの具体的なものの同じところをまとめて、細かい部分を捨てると出来上がります。

たとえば犬を10匹ぐらい見て、ワンと吠える、嬉しいとしっぽを振る、人間にとてもよくなつく、毛むくじゃら、舌を出している、などの共通点を抜き出して、それをまとめたイメージが概念です。

概念も思い浮かべられるものですから、表象と言えます。

じゃあどう違うのかと言うと、表象は一匹の特定の犬、たとえば名前をムクとしましょう、このムクにも使えます。

「ムクという概念」とは表現できません。概念はあくまで複数のものを見た後の共通点として、形成されるものですから、個別具体的なものには使えないのです。

概念も表象も頭に思い浮かべるイメージだけど、概念は抽象的で、表象は個別具体的なのです。

概念は抽象的なので、共通点のくくり方によってはいくらでも複雑になります。

ムクは、犬や哺乳類という概念にくくることもできます。他にも、毛が生えているもの、生き物、存在、生命、ペット、献身、忠実などなどいろいろな概念カテゴリーにくくることができます。

人は様々な個別具体的な表象から、様々なくくり方をすることにより概念を量産します。

あとは言葉が示している「意味」と捉えることもできます。

 

観念

概念とよく似た言葉に観念があります。

概念と観念は、既成概念と固定観念という言葉から理解するのがわかりやすいです。

既成概念は「既にある集団で成り立っている考え」です。

自分1人ではなく集団によって既に形成されているというニュアンスがあります。

一方、固定観念は「個人の中で固定している考え」です。

つまり概念は集団全体に共有される公的な意味合いがあるのに対し、観念は個々人の内面にある私的な意味合いがあります。

そもそも観念は仏教用語で「観想の念仏」のことで、瞑法の一つです。瞑想は極めて個人的な行為ですよね。

 

想像

なお想像はまだ見たことのないものを思い浮かべる時に使われます。今日食べたものを想像するとは言いませんからね。

 

 

英語と小論文を同時に勉強できる本のご紹介

“PROS AND CONS”のご紹介

英語を勉強しながら小論文を学ぶことができれば一石二鳥ですね。

当塾は国語専門の塾ですので、英語は教えているわけではないのですが、国立医学部などで英語で課題文が提示されて小論文を書かなければならない場合があります。そんなときは、英語だろうが日本語だろうが読解しなければなりません。同じ言語ですので文法や語法はともかく読解で言わんとすることを読み取るのは似たようなものです。

この本は、様々な問題についての「賛成論」と「反対論」が英語で書かれている本です。テーマは政治、哲学、経済、国際経済、倫理、宗教、教育、文化、スポーツ、法律、犯罪、健康、科学技術など多岐に渡ります。ひとつのテーマにつきPros:賛成論、cons:反対論がそれぞれ3つ程度掲載されています。

こんな本です。

amazonで購入できます。
こちらからどうぞ“PROS AND CONS  A Debater’s Handbook”

ちょっとお高いですが、大学受験生は3日に1題くらいのペースで読んでいくと力がつくこと間違いなしです。英語と小論文同時に対応しなければならない学生にはとてもおすすめです。

 

小論文対策に有効な理由

小論文は詰め込み教育の反省から生まれたもので、論理的思考力の巧拙を評価するものでした。ところが、いくら論理的思考力があるからといって、これまで考えたことのないテーマについていきなりその場で考えだすのは至難の技です。もちろん、無難な解答を作成するというだけならば、いくらでも可能です。しかし、医学部やその他の難関大学入試においては、即興の無難な解答ではいかにも心もとないと言わざるをえません。

たとえば「テレビ放送について国家の規制は必要か」という問いがあったとします。このように課題文がなくテーマだけ提示し考えを自由に綴らせる問題を「テーマ型小論文」と呼びます。

この問題について考えたことのある学生はほとんどいないのではないでしょうか。ですので、その場で即興で考えなければなりません。この問題を考えるときにまず考えなければならないことは、「国家の目的、役割」です。小論文に明示するにせよしないにせよ、国家が何の為に存在しているのかを定義しなければ、放送とはどうあるべきなのかがぶれてしまうからです。

国家はこうあるべきで、だから放送はこうあるべきである。なぜなら・・・というように論を連ねることが出来ると思います。これがひとつの組み立て方だと思います。

ところが、学生にこれを考えさせるのは酷です。書かせたところで、情報が少なすぎて薄っぺらい論しか展開できないことがとても多いのです。

そこで、出題者は課題文を付します。たいていの課題文には課題文筆者の「主張」と「根拠」が著されています。「問い」が分かりやすく明示されていることはあまりなく、筆者の「主張」から「問い」を逆算しなければなりません。これを「課題文型小論文」と呼びます。

課題文を付すことにより、解答作成者は「問い」「主張」「根拠」のひとつのパターンや、様々な情報を参照することができます(これを分けることがそもそもできてないことがめちゃくちゃ多いのですが・・・)。

こうして、解答作成者はそこそこ込み入った解答を書くことができるようになるというわけです。

ところが「課題文型小論文」は、課題文の作者に同調する論文が量産されます。「問い」に「筆者に同調する主張」に「筆者の根拠+α」でそこそこの解答ができあがります。オリジナリティは「+α」の部分だけです。まあ、課題文の構造を見抜けている時点でポイントは高いのですが、そうはいってもやはりオリジナリティは低いですし、小論文のそもそもの趣旨に抵触していると言わざるをえません。

このような事情から、様々な問題に対してあらかじめの教養が必要となってきます。自分が目指す学部に関するジャンルについてだけでもある程度の知識が必要となるのです。医学部についていうとほぼ必須で事前知識が必要となります。インフォームドコンセント、尊厳死、QOLなど、知っている前提で問題を出してきます。

そこで今回このような本をご紹介しました。英語、小論文、現代文、社会を同時に勉強することができる優れものです。そして、ただ受験のためだけではなく、生涯約に立つ知識になるはずです。手に入れて読んでみてはいかがでしょうか。

 

英検1級対策にも有効

日本英語検定協会の「ライティングテストの採点に関する観点および注意点(1級・準1級・2級)」には次のように記されています。

観点(1)内容 課題で求められている内容(意見とそれに沿った理由)が含まれているかどうか

  • アドバイス :自分の意見と合わせて、その理由を明確にしましょう。その際に、多様な観点から考えて、意見を支える論拠や説明がより説得力のあるものになるようにしましょう。例えば、理由を書く際に、単純に「安いから」や「便利だから」だけでなく、安くなることがどういうことにつながるのか、また便利になることの具体的な例なども書きましょう。

観点(2)構成 英文の構成や流れがわかりやすく論理的であるか

  • アドバイス :伝えたい情報の流れや展開を示す表現(接続詞など)を効果的に使って、自分の意見とその理由や英文全体の構成をより分かりやすくするようにしましょう。

観点(3)語彙 課題に相応しい語彙を正しく使えているか

  • アドバイス :同じ語彙や表現の繰り返しにならないように、文脈に合わせて多様な語彙や表現を適切に使用して、自分の意見とその理由を十分伝えられるようにしましょう。

観点(4)文法 文構造のバリエーションやそれらを正しく使えているか

  • アドバイス :同じような形の文の繰り返しにならないように、多様な文のパターンを適切に使用して、自分の意見とその理由をより効果的に伝えられるようにしましょう。

以上の注意点のほとんどは小論文の注意点と変わりありません。あとは英語で書くという点のみが違うだけなのです。今回ご紹介した本を活用することで、以上のような文章を書く力が養われます。

 

まとめ

受験勉強は時間との勝負とも言えます。一つの勉強が二つ以上の科目に有効になるようにいろいろ工夫することがとても大切です。この本でぜひ一石二鳥の効果を上げてください。

 

 

 

外界に働きかける意識と内面に沈み込む意識と文章を書くこと

文章には様々なジャンルがありますが、その中身を見てみると、意識が外界に向かっているか、それとも内面に沈み込もうとしているか、の配合で成り立っているという考え方がひとつ出来ると思っています。

例えば「企画書」は「何かを変えるためのアイデアを実現するために、誰にでも分かりやすく文書の形でまとめた書類」のことです。これは意識が外界に向かい世界を変えようとする文章です。企画書作成者の内面に沈み込むことなどはありえません。いかに外界を変えるかを論理的に説明してあれば、その役割を全うできたことになります。

「随筆」は「自己の見聞、体験、感想などを、心に任せて自由な形式で書いた文章」のことです。これは外界の出来事を通して、内面に沈み込んでいくジャンルです。外界に意識を半分投影しながら、その反作用を内面に感じつつ綴る文章ですので、いちど内面に沈み込む必要があります。

だいたい随筆を書くときには、意識の半分で外界で起こったことを観察しつつ、意識の半分で内面に生じたことを感じることがコツだと教えられることがあります。実際はそんな器用なことは出来ないのであって、外界で経験したことを、帰ってゆっくりひとりで内面で生じたことを吟味するというスタイルになるかと思います。ただし、会話では外界に向かいつつ内面に沈み込みそしてまたそれを外界に投げるという瞬発芸が往々にしてみられます。これはこれで興味深いのでまた改めてよく見てみたいと思いますが、今は文章を書くことに戻りましょう。

「小説」も、意識を外界に向けてあたかも建造物を立てていくかのように構築する部分と、深く内面に沈み込んで混沌のなかから言葉を拾ってくる部分があると思います。伝えるべき何かがあり、その何かが最も効果的なメッセージとなるように、細部を構築していくのは、外界指向ですし、勝手に発想がどんどんわいてきて、アドリブで紙面に綴られていくというのは内面指向です。

どちらか100%というわけではなく、人や書くシーンによって割合が違うように思われます。

「評論」には主張があり、その主張を根拠で固めていくものです。直感的に主張的なものがまずあって、後付けで根拠を付す、そういう場合は一部のみ内面の活動と言えますが、作業の大半は意識を外界に向けて情報を収集し、それを主張に結びつけていくというものになります。

話は変わりますが、一般的に学校教育で課される作文は、「随筆」です。「読書感想文」も「随筆」です。「書評」といわれる場合もありますが、書評も自由な書き方が認められる点からして、随筆の特殊形態と見ることができるでしょう。

生徒たちは随筆の書き方を習うわけではありませんので、作文が苦手になるのも無理がありません。

内面に沈み込んだところで、それを外界に向けて表現することに何の意味があるのか。もうここのところからよくわからないのでしょう。なんでこんなことやらんといけないんだよ、とまあそんな感じです。

作文技術を向上させようとすると、人はなぜ表現するのかということを、考える必要があるようです。そしてそれを生徒に伝え納得してもらわなければならない。

私もこの文章を心の赴くままに綴っています。そのような場を設けようという目的で「考えたこと」というカテゴリーをもうけました。

 

 

 

他者からの期待を裏切る誠実さと文章を書くこと

心の中に生じた光に触れながら文章を書くという話をしました。

人の心に生じた感じ、私がぼんやりとした光と表現したものですが、この感じというものを止めることはできません。なかったことにはできないのです。生まれてしまったが最後、出来ることと言えば、それを保留するか、表現するか、無視するかのいずれかということになります。もしかすると、それに見合う体の動きが発生するまで残り続けるのかもしれません。

自分の心の変化を見つめることに熱心でなければ、また静かに自分の心に向き合う時間を持てなければ、この感じは日々の喧噪、氾濫する情報、他者からの評価に埋もれてその存在を感じられなくなります。最初はささやかな感じのみが無視されるだけですみますが、次第に大きな感じ、すなわち人生で重要な方針になる本心までも見失うことになります。

そうなると、だんだん苦しくなってきます。苦しくなって悲鳴をあげるのは、存在し続けているのに無視され続けた感じです。この状態だと現実とのいきいきとした接触を失います。何を見ても灰色のような、いつも何かひっかかったような、自分の人生を生きられていないような、曇りガラスを通して世界を傍観しているような、そういう苦しさに苛まれることになります。

ですから、自分だけの時間を持つことを忘れてはなりません。たったひとりだけで、日常生活で自分の心に生じた様々な感じを見つめ、消化し、表現し、納得する時間が必要なのです。他者からの評価はこの際、度外視します。

自らの欲望に従順でない者は、最終的に他人に迷惑をかける可能性が高くなります。生涯を通じて己を押し殺し続けるほど人は強くはないようです。もちろん自分の欲望が他者や社会を傷つけるものであったら、それは押さえつける必要があります。また自分の他の大切な何かを損なう場合もそうです。でも、そうでなければ、極力自分の欲望を実現する方向に行動した方が、確実に豊かです。

そのためには、自分の感じを大切にしなければなりません。他者からの期待を裏切る誠実さというものもあるのです。

紙に向かって何かを書く時間を持つことは、あなたが、いきいきとしたあなたであり続けることを助けてくれるはずです。

自分の心の深い部分に触れながら書くということ

文章を書きたくなるとき、頭の中にぼんやりとしたやわらかい光のかたまりがあって、その光をなるべく損なわないように、言葉の列に変えていく。これが私の文章作成のイメージでした。

その光のようなものは、言葉になる以前の「もやもや」といわれるもの、あるいはある印象なり事柄なりを表現しようとするけれども、適切な言葉が見つからないとき、生じる呻きとも表現できるかもしれません。 続きを読む

国語力を戦略的に向上させる漢字学習の方法

漢字を最も効率良く勉強する方法とは

漢字学習で困っている方はたくさんいらっしゃいます。お子さんがなかなか漢字学習をしないとおっしゃって、けんかになることも少なくありません。いったい世の中では、漢字学習がどれほど家庭の和を乱しているのでしょうか。

最も頭がよくなり、子供も嫌がらず、効率のよい方法とはどのようなものでしょうか。

続きを読む

「うんこ漢字ドリル」と文化資本と階級社会

「うんこ漢字ドリル」が有効か否か

「うんこ漢字ドリル」が流行っていますね。本屋の店頭で目につかないことはありません。うんこ漢字ドリルは普通の漢字ドリルと似たようなものですが、例文の全てにうんこが登場します。

例えば「うんこを表す記号を考えました」のようにです。

この「うんこ漢字ドリル」は有効なのかどうか? 続きを読む

名作リスト100冊。読書で読解力向上を狙う方法(小学4年生〜中学生)

良い本を探す方法

子供に読ませる本を選ぶのに苦労している方は少なくありません。

面白くて、なおかつ国語力を向上させる本を読ませたいところですね。

本を探すときに一冊ずつ探すのではなく、おすすめの本をまとめてある本を手元に置いておくととても便利です。

そこでおすすめの本があります。 続きを読む

物語文・小説を得意にするために簡単な小説を作ってみる

自分で自分の物語を作る

国語で、物語文・小説の問題が苦手な子はたくさんいます。特に男の子は小説問題が苦手になる傾向があるように思われます。また女の子でも考えすぎることによって、得点を落とすことがあります。

そんな物語文・小説が苦手な生徒に、当国語専門塾では小説の簡単な作り方を教えています。

自分の経験を物語にするのです。

一度自分で作ってみることによって、文章の構造がよくわかってきます。

続きを読む